長く使うためのメンテナンス  by 俣崎光治商会
メンテナンス講座と言えば「ちょっと難しそう」に聞こえますが、このページでは、トラブルがおきないように、日頃から注 意する点などをご紹介していきます。「超初級」のお手入れ方法から、ちょっと高度な話まで自転車屋さんのテクニックをご紹介できればと、思います。
第5回目はブレーキのおはなし(その3)

シティ車のブレーキの調整。
ワイヤーの固定ネジではなく、アジャストボルトで調整します。

前回と同じ絵ですが、アジャストボルトはここにあります。
矢印画像
調整の手順です。
1.アジャストボルトを緩めます。
2.緩まない場合はロックナットを緩めます。8mmだったり10mmのスパナを使います。
3.アジャストボルトを緩め、適当な位置でロックナットを締めます。この時スパナを使って締めすぎないようにしてください。
これで完成。ブレーキレバーの遊びが少なくなったハズです。

調整後の絵はこれです。
調整後
ここに注意!のところ、何に注意するのか?
緩めすぎないでください。緩めすぎると外れてしまったり、折れてしまったりします。このブレーキの場合、「ここに注意!」のところが、雌ネジの端面とそろうぐらいが、限界だと思います。これ以上に緩めないといけない場合は、すみやかにブレーキシューを交換してください。

マウンテンバイクやクロスバイクではこのカタチのブレーキを使っていないことがあります。

じゃ、どうするの?という話は次回。
第4回目
第3回目
第2回目
第1回目
目次

Copyright(C) 2009 じてんしゃネットくまもと. All Rights Reserved.