長く使うためのメンテナンス  by 俣崎光治商会
メンテナンス講座と言えば「ちょっと難しそう」に聞こえますが、このページでは、トラブルがおきないように、日頃から注意する点などをご紹介していきます。「超初級」のお手入れ方法から、ちょっと高度な話まで自転車屋さんのテクニックをご紹介できればと、思います。
第1回目は
パンクって嫌!
パンクの種類

自転車に乗る人は誰でも一度は経験があると思われるパンク。これさえなければ自転車ほどいい乗り物はない!と言い切れる人も多いのでは?
パンクにもいろいろな種類があるのをご存知でしょうか?
パンク修理に自転車屋さんに持っていって、「空気が足りん」と言われたことはないでしょうか?あるいは何にも刺さってなかったとか。以下の写真はパンク修理に持ってこられたお客様のよくあるタイヤの状態です。
新品のタイヤ
擦り減ってしまったタイヤ。ここまで使っていただけると嬉しいですね。ですが、もう少し早めの交換をお勧めします。
タイヤを開けると折れ曲がったチューブが・・・。
この写真はまだいいほうですね。アコーデオンみたいにくちゃくちゃになったものもあります。
穴が二つも・・・。数あるパンクのうち、一番多いパンクがこれではないでしょうか。あいている穴は丸く見えますが、実際には切れています。切れている場合、パンク修理をしても、ほどなくその穴が広がってしまいます。
次回はこれらのパンクの原因と対策を・・・。

Copyright(C) 2009 じてんしゃネットくまもと. All Rights Reserved.