こんぺてぃしょん
自転車競技といえば競輪!だけではないですよ。いろんな競技を初歩の初歩から解説していくページです。ここのページを読んでいれば、あなたも自転車競技に興味がわくハズ。


第2回目はロードレースの種類って??

@「クラシックレース」ってなに?

オールドバイクでおこなうレース・・・・だったら面白いだろうなぁ・・・・!?
例えば、「ミラノ-サンレモ」、「フランドル」、「パリ‐ルーべ」、「リエージュ‐バストーニュ‐リエージュ」などワンデーレースのことを呼ぶと思います。
どれも開催数は100回を超える歴史があるものが多い。
しかし、歴史が浅い「ヴァッテンフォール」などもクラシックレースと呼ぶわけで、回数だけで表現するのではなく、その国を代表するレースを呼ぶようである。

A「ステージレース」と「ワンデーレース」って?

2日間以上、複数レースの合計タイムで優勝を競うレースをステージレースと呼びます。
「ツール・ド・フランス」や「ジロ・デ・イタリア」などです。日本国内だと「ツール・ド・北海道」や「ツール・ド・熊野」があります。2008年に開催された「ツール・ド・コリア‐ジャパン」はステージレースでした。

ワンデーレースはその名の通り、一日だけで終了するレースのこと。クラシックレースや世界選手権など。熊本(山鹿) で開催された「国際ロード2009」はこれにあたります。

B「タイムトライアル」ってどんなの?

一定の距離を単独で走りきりタイムを競うものを「個人タイムトライアル」。チーム単位でタイムを競うものをチームタイムトライアルと呼びます。
2008年に山鹿でおこなわれた「ツール・ド・コリア‐ジャパン」の初日は個人タイムトライアルでした。
大昔のチームタイムトライアルと言えば、4人(ゴールタイムは3人目で計測)で100キロを走りきりタイムを競っていた思い出があります。日本でも、兵庫県三田市で開催されていてマネージャーとして参加していました。そうそう、今中大介さん(大分大学在籍時)がチームにいましたね。


第1回 ロードレースの初歩の初歩
Copyright(C) 2009 じてんしゃネットくまもと. All Rights Reserved.